teori001.jpg
kokura-ori_edited.png

新着情報

kumiai_logo.jpg

小倉織協同組合

豊前小倉(現在の福岡県北九州市)を中心に江戸時代から作り続けられてきた「小倉織」は、武士の袴や帯として織られ、徳川家康も愛用したと伝えられる歴史のある織物です。明治期には学生服地としても普及し、全国に販路を拡大しましたが、その反面、粗悪な模倣品が各地で生産されるようになり、また産業の転換期の影響もあり、当地での小倉織生産は衰退し、昭和初期には途絶えてしまいました。

組合員

組合員資格

①小倉織生地の製造業・販売業又は小倉織に関する広報を行う事業者であること

※小倉織とは小倉の地を中心に歴史ある製造を行ってきた織物で、木綿織物(一部絹、他の繊維を含む)、

 小倉縮(木綿、麻、絹など)をいう

②組合の地区内(北九州市及び福岡県遠賀郡遠賀町)に事業場を有すること

法人・団体

一般社団法人小倉織

logo.gif

株式会社小倉縞縞

一般社団法人豊前小倉織研究会

小倉織物製造株式会社

個人

磯部薫

内山啓大

(風花染織工房)

小野亜由美

金﨑浩子

佐藤京子

築城則子

(遊生染織工房)

遠藤聡子

小倉織

豊前小倉(現在の福岡県北九州市)の地で江戸時代(1600年代)から作り続けられてきた小倉織は、武士の袴や帯として織られました。小笠原藩の婦女子が中心となって、綿を栽培し、糸を紡ぎ、織った布は特産品として全国で珍重されました。

kokurajo.jpg